文化

神社の参拝方法

日本国内を観光すると、各地に神社があります。

神社独特の雰囲気や趣は、ぜひ一度訪れて経験をしていただけたらと思います。

そこで、この記事では、神社を訪れる時の作法をいくつか紹介したいと思います。

 

◆鳥居の前で一礼をする

神社に入る前に、服装の乱れを整えてから鳥居に向かって一礼をしましょう。

鳥居をくぐった先は、神様のいる神聖な場所とされているため、きちんと挨拶をしてから入るのが望ましいとされています。

また、帰る際も鳥居に向かって一礼をしてから帰りましょう。

 

◆道の端を歩く

神社の中では、必ず道の端を歩くようにしましょう。

これは、道の真ん中は神様の通り道であるためです。

また、行きは左側を、帰りは右側を歩くようにすると、運気が巡ると言われています。

 

◆正しい手順で手と口を清める

神社に入ってすぐ、手と口を洗う場所があります。

ここで、手と口を洗うことで、穢れを祓い、神様に会うことがマナーとされています。

  1. 柄杓にたっぷりと水を汲む
  2. 柄杓を右手でもち、左手を洗う
  3. 柄杓を左手に持ち替え、右手を洗う
  4. 柄杓を右手に持ち替え、左手にためた水で口をゆすぐ(柄杓に口をつけるのは禁止です)
  5. 再度、左手を洗う
  6. 柄杓を立てるようにし、持ち手に水を流して洗う
  7. 綺麗なハンカチなどで手を拭く

 

◆正しい手順で参拝する

参拝は、神様に日頃の感謝やお願い事を伝えるために行います。

きちんとした手順で行いましょう。

  1. お賽銭を入れる
  2. 鈴を鳴らす
  3. 姿勢を正し、二度、深くお辞儀をする
  4. 体を起こし、胸の前で二回拍手をします
  5. 手を合わせたまま、神様に伝えたいことを思い浮かべます
  6. もう一度お辞儀をします

 

この方法は、「二礼二拍手一礼」と呼ばれています。

 

このように正しい方法で神社を訪れることで、さらに日本の文化を感じることができるのではないでしょうか。

ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。

感想や質問があれば、コメントをお願いいたします

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください