文化

下駄と草履の違い

日本伝統の履物といえば、下駄と草履です。

皆さんは、下駄と草履の違いをご存知ですか。

似ていますが、そこには明確な違いがあります。

この記事では、下駄と草履について紹介をしていきたいと思います。

 

◆共通点

下駄と草履に共通しているところ、それは、鼻緒があることです。

鼻緒とは、下駄や草履についている布製の紐のことで、ここを足の指で挟むことで、脱げないようにするものです。

鼻緒には、様々な色や柄の布が使われるため、「花緒」とも記され、着物や浴衣に合わせて組み合わせを楽しんでいます。

 

◆材質

農作業用の下駄

下駄は木でできています。そのため、下駄を履いて歩くとコロコロと心地の良い音がします。

2世紀ごろには下駄の原型となった木製の農業用の履物が使われていました。

一方、草履は革や布、ビニール、ウレタンでできています。昔は、藁でできた草履が履かれていました。

 

◆形状

下駄は、板の下に突起が付いています。

高さがあり、隙間が空いているため、雨天時に重宝されました。

また、突起の数は通常2本ですが、1本下駄という特殊な下駄もあります。

 

それに対し、草履の底は、平らになっています。

また、高級なものほど、草履の厚みが増す傾向にあります。

雪駄という草履は、現代でも履くことが多い草履です。

四角く、厚みがないもので、裏面に革が張ってあるため丈夫で長持ちすることから、夏の普段ばきにしている人もいます。

 

◆使い分け

草履

使い分けは明確に定義をされていませんが、一般的に浴衣に合わせるのは下駄、着物に合わせるのは草履です。

ただし、雪駄は草履の一種ですが、浴衣に合わせて履くことも多いです。

また、女性が正装として着物を着る際には、厚みのある草履を履くのが望ましいとされています。

 

 

【参考サイト】

ミサトっ子

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。

感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください