文化

囲炉裏と火鉢:昔ながらの日本の火床

現代のようにエアコンやストーブがなかった時代、日本では囲炉裏と火鉢が使われていました。

これらは現在でも、一部の人々によって使い続けられています。

この記事では、昔の日本の火床である囲炉裏と火鉢を紹介していきます。

 

囲炉裏

囲炉裏とは

伝統的な日本の家屋にある火の元で、床を四角く切って開け、そこに灰を敷き詰めた一角です。

そこで、炭や薪を燃やして、暖房や調理に使用します。

高さを変えることのできる鉤に鍋を吊るして、火力を調節していました。

また、金属で作った台の上に乗せることで、鍋を置いて調理する地域もあります。

囲炉裏の歴史

囲炉裏の原型は、縄文時代頃から存在していた炉であると言われています。

地域によって呼び名や様式が変化しながら、囲炉裏は日本人の生活に欠かせないものとなっていきました。

しかし、カマドの発展とともに西日本を中心に囲炉裏の使用が減っていきました。

しかしながら、東日本では江戸時代以降も囲炉裏が多く使われる傾向にあったようです。

西日本よりも夜が長く、寒いため、東日本では、調理専用のカマドではなく囲炉裏が長く使われたと考えられています。

室町時代から江戸時代になると、都心部を中心に囲炉裏は使われなくなっていきましたが、農村部では最近まで囲炉裏が使われていました。

今日の囲炉裏

現代では一般家庭にほとんど囲炉裏は残っていません。

しかしながら、日本の伝統的な暮らし方が見直され、古民家を改築した民宿や喫茶などでは囲炉裏を囲んで食事をできる場所もできています。

 

火鉢

火鉢とは

火鉢とは、陶磁器や金属、木材でできたおり、敷き詰めた灰の上で炭を燃やす道具です。

暖房や簡単な調理を行うために使われています。

形状は様々で、丸いものや四角いもの、六角形のものも存在します。

火鉢の歴史

火鉢が初めて登場したのは、奈良時代であると言われています。

炭を使って火を起こすため、薪を燃やす囲炉裏のように煙が出ないことから上流階級で使用されていました。

江戸時代から徐々に一般市民の間にも普及し、大きく発展しました。

インテリアとしても発達をし、彫金を施された金属製の火鉢や、鮮やかな絵が描かれた陶器製の火鉢も作られました。

昭和初期ごろまで、一般的な暖房器具、簡単な調理器具として日本人の生活に根付いていましたが、ストーブの普及によって次第に人々の生活から姿を消していきました。

今日の火鉢

現在では、ほとんど使うことがなくなった火鉢ですが、エアコンが苦手な人たちが好んで使っているそうです。

また、最近ではインテリアとしても見直され、植木鉢や金魚鉢などに再利用されたり、豪華なものは骨董として価値がつく場合もあるそうです。

 

 

【参考サイト】
和の素敵
ロハスなはなし

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください