イベント

日本人の大晦日の過ごし方

日本では、その年最後の日に特別な名前が付いています。

大晦日と言って、昔から大切な日であるとされてきました。

今日においても風習の一部が日本の文化として残っています。

この記事では、伝統的な大晦日の過ごし方について紹介していきたいと思います。

 

大晦日とは

大晦日とは、その年の最後の1日を意味する日本語で、12月31日を指します。

特別な名前が付いていることからも分かるように、日本において大晦日は重要な役割を担っていました。

大晦日の始まりは平安時代に遡ります。

元々は、新年になると各家庭にやって来る歳神様を迎えるための準備をする日でした。

歳神様とは、稲の豊作をもたらすとされている神様のことで、農作物が豊かに実り、食べるものに不自由することなく暮らせるようにと、昔から大切に扱われてきた神様です。

そのため、その時代には寝ないで歳神様が来るのを待っている必要がありました。

もし眠ってしまったら、白髪が増える、シワが増えるなどの言い伝えがあったとされています。

現在では、この考え方はほとんどなくなり、新年に神様に挨拶をするために神社に参拝に行くことになっています。

このような風習は、仏教の伝播や生活様式の変化から徐々に変化しました。

今日では、日本人の多くが西洋風の年越しを楽しんでしますが、まだ昔ながらの風習が少し残っています。

 

大晦日の4つの風習

掃除をする

大晦日には、「掃き納め」と言って、その年最後の掃き掃除をします。

新年を気持ちよく迎えるためというのはもちろんですが、元旦に掃除をしないためでもあります。

元旦に掃除をすると、神様まで掃き出してしまうため、元旦に掃除をしないという話があるのです。

家族揃って過ごす

昔、日本では、誕生日ではなく、新年を迎えた時に年を取るとされていました。

また、日が沈んでから新しい1日が始まると考えられていました。

そのため、大晦日の夜には、新しい年の始まりと歳を取れたことを祝うため、普段は食べられないような豪華な食事を家族揃って食べていました。

今日も多くの日本人が大晦日を家族と過ごしています。

年越しそばを食べる

大晦日の夜には年越しそばを食べる風習があり、江戸時代から人々の間で定着し、今では日本の文化になっています。

蕎麦は細く長いことから、「健康長寿」を祈願して食べるようになりました。

また、他の麺類に比べて切れやすいことから、「一年間の災厄を断ち切る」ために食べるという説もあります。

風呂に入る

大晦日のお風呂は、「年の湯」という特別な名前が付いています。

現代の日本では、お風呂は手軽なものになりましたが、昔はいつも入れるものではありませんでした。

そこで、新しい年を綺麗な身体で迎えられるようにと、大晦日には必ずお風呂に入るようになりました。

除夜の鐘を聞く

除夜の鐘とは、大晦日から元旦にかけて深夜に響く鐘の音のことです。

これは仏教に関係しており、全国のお寺で行われています。

鐘の音は全部で108回で、この数字は人間の煩悩の数とされています。

最後の1回は、年が明けてからつくのが一般的で、新しい年が煩悩に煩わされないようにとの願いがこもっているそうです。

実際には108回以上つく寺や、希望者に体験させてくれるため、数が決まっていない寺もあります。

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください