文化

和風パスタを食べる

現代の日本では、世界中の料理を食べることができます。その中でもイタリア料理として知られるパスタは、手軽で比較的安いので外食の際に食べる機会も多いです。

パスタが初めて日本に伝わったのは、江戸時代の末期だったとされています。

その頃から、少しずつ日本独自のアレンジが加わり、和風パスタと呼ばれるジャンルができました。

正統派イタリアンのパスタはもちろん美味しいですが、日本に来た際は挑戦してみてくださいね!

 

和風パスタとは?

和風パスタとは、パスタと醤油や出汁、海苔などの日本食材を組み合わせた料理です。

日本には、パスタが伝わる前から、そばやうどんなどがあったため、その調理方法が次第にパスタにも応用されたようです。

現在では、レストランの通常メニューとして見かけることも多くなりました。また、日本全国に和風パスタ専門店もたくさんできています。

子供からお年寄りまで親しめる味というのも、日本人に愛されている理由かもしれません。

 

和風パスタを食べよう

和風パスタが食べられるお店「五右衛門」

今回は、「五右衛門」に行ってきました!

五右衛門は、和風パスタを提供する全国チェーンのお店です。

パスタは、日本の伝統的な焼き物「有田焼」の器に盛られ、お箸でいただきます。

 

メニュー

使われている食材は実に多種多様です。

ベースとなるのは、醤油や出汁の味です。

具材は、ウニやイクラ、たらこ、しらすなどの海産物や納豆やとろろなど変わった食材も使われています。

今回私が注文したのは、「豚しゃぶとたっぷり野菜の胡麻ダレ仕立て」のパスタ。

茹でた豚肉に胡麻のソースがかかり、ネギと水菜、青じそがトッピングされています。

胡麻の香ばしい風味とシャキシャキとした野菜の食感が楽しい一皿でした。

美味しかったです!

温かいパスタですが、これからの暑い時期にもさっぱりと食べられそうです。

まだまだ食べてみたいメニューがあるので、近いうちにまた行こうかなと思っています。

日本には魅力的な食べ物がたくさんありますが、和風パスタにもぜひ挑戦してみてくださいね!

 

それではまた!アビアント!

 

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください