世界遺産

白川郷

現在、日本において22の場所が世界遺産として登録されています。

この記事では、そのうちの一つ、岐阜県の白川郷について紹介していきます。

所在地・アクセス

白川郷は、日本の中部地域にあり、高山市の直ぐ近くにあります。

電車では行くことができませんが、高山、金沢、富山、名古屋からバスが出ています。

 

見どころ

世界遺産の集落

白川郷の最大の魅力は、合掌造りの集落です。大小100棟の合掌造りの民家があり、今でもそこで人が暮らしています。

ここでは、日本の田舎の原風景を見ることができます。

実際に家屋の中に入り、様子を見ることができます。

家の構造を見て回ることができる他、実際に使っていた農具なども展示されています。

1995年に貴重な家屋が密集していること、まだそこで生活が営まれていることを評価され、白川郷は、富山の五箇山と共に世界遺産に登録されました。

また、世界遺産に登録されたことを受け、無電線化がなされ、現在は電線が無くなっています。

そのため、より昔の日本の集落にいるような雰囲気を味わうことができます。

季節によって変わる風景

白川郷は、山間にある小さな村です。

そのため多くの自然に囲まれており、四季折々の表情を見せてくれます。

特に夏と冬に訪れることをお勧めします。

夏は、家屋と新緑のコントラストが美しいです。

村中にある水田の稲や透き通った冷たい水、電線のない空は、どこか違う時代に来たような感覚を与えてくれます。

冬の白川郷には、人の背丈を超えるほどの雪が積もります。

このような雪の中、白川郷へ行くのは簡単ではありませんが、雪化粧をした白川郷は本当に幻想的です。

また、冬の間、決められた日にライトアップがされます。

スケジュールは、白川郷観光協会のサイトで確認することができます。

 

 

【参考サイト】

白川村役場

白川郷観光協会

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。

感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください