文化

タコパ!

先日、タコパをしました!

タコパとは、たこ焼きパーティーの略語です。

欧米の人たちに比べて、日本人はあまりホームパーティーをしませんが、時々、こうしてテーマを決めて集まることがあります。

年末年始やクリスマス、冬には鍋パーティーもしますが、タコパは季節を問わず楽しめるパーティーのひとつです。

というわけで、タコパの様子を思います!

材料

まずはみんなで近所のスーパーに買い出しです。

材料はこちら!

生地(水、小麦粉、出汁を混ぜたもの)
みじん切りのキャベツ
一口大の茹でタコ
刻みネギ
刻み紅生姜(生姜の酢漬け)

揚げ玉
かつお節
青海苔
たこ焼きのたれ
マヨネーズ

そしてこれがたこ焼き器です!

安いものであれば1台1000円くらいで購入できます。

たこ焼きの本場大阪では、各家庭に1つは必ずあると言われています。

パーティー開始!

さて、では焼いていきます!

まずは熱したたこ焼き器に生地を流し入れて、キャベツを上から散らします。

タコを穴にひとつづつ入れて、上からネギと紅生姜を入れていきます。

超真剣!

 

外側が焼けた頃に、竹串を使ってたこ焼きを回し、隙間に生地を注いでひっくり返します。

よく焼けるように時々ひっくり返しながら、火を通します。

最初は形が良くなくても、焼けてくると膨らむので綺麗な丸になります。

焼けたら、ソースとマヨネーズ、かつお節、青海苔をかけて完成です。

焼きたてを食べると、口の中を火傷してしまします。

が、やっぱり焼きたてが美味しい!

大阪でお店のたこ焼きを堪能するのもいいですが、やっぱり友達と楽しむタコパも最高です!

ちなみに、日本ではタコはすごく高いので、ウィンナーやチーズなどを入れて、変わり種のたこ焼きも作ります。エビやツナ、トウモロコシを入れる人もいるみたいです。

その日は、数えきれない数のたこ焼きを完食しました。

 

それではそれではまた!アビアント!

 

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください