文化

七夕

七夕とは、日本の伝統行事の一つです。
7月7日の夜に、願い事を書いた色とりどりの短冊や飾りを笹竹に飾り、星にお祈りをします。
この記事では、七夕について詳しく紹介をしていきたいと思います。

七夕にまつわる物語
昔々、天の川の西岸に織姫というお姫様が住んでいました。
織姫は機織りの名手で、美しい布を織っては、父親である天帝を大変喜ばせていました。
娘のために天帝は、結婚相手を探し、東岸に住んでいた働き者の牛使い彦星と引き合わせました。
そして二人はめでたく夫婦となりました。

ところが、結婚してからの二人は、仲睦まじくするばかりで仕事をしませんでした。
これに怒った天帝は、天の川を挟んで二人を離れ離れにしてしまいました。
しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜にだけ再会を許したのです。
こうして、織姫と彦星は、カカサギに乗って天の川を渡り、年に一度再会をしています。

七夕の始まり
中国では、織姫と彦星の再会を祝う行事が行われるようになりました。
人々は、織姫のように機織りが上手くなるように、また、習い事が上達するようにと、星に願いました。

平安時代になると、この行事が日本に伝わり、貴族の行事として取り入れられました。
貴族たちは梶の葉に和歌を書いてお願い事をし、お供え物をしました。
そして星を眺め、詩歌を楽しみました。

江戸時代になると、この行事は庶民の間にも広まり、全国で行事が催されるようになりました。
人々は野菜や果物をお供えし、習い事の上達を祈りました。
この頃から、短冊に願い事を書いて笹竹に吊るし、星に祈る行事へと変化していきました。

七夕の名前の由来
日本では昔、乙女が水辺にある機屋にこもり、神様のためにお供え物の着物を織るという行事がありました。
その時に使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機でした。
やがて仏教が日本に伝わると、この行事はお盆に祖霊を迎える準備として、
7月7日の夜に行われるようになりました。
七夕は、ここから名前をとっていると言われています。

【参考サイト】
・京都地主神社
http://www.jishujinja.or.jp/tanabata/yurai/

・私の根っこプロジェクト
http://www.i-nekko.jp/nenchugyoji/gosekku/tanabata/

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください