文化

梅酒の作り方

青梅

日本では6月に梅が実ります。
その梅を使って、梅酒が作られます。
生の梅を使った梅酒はこの時期しか作ることができません。
この記事では、梅酒について紹介します。

基本的な梅酒の作り方

材料
青梅 1kg
氷砂糖 500~800g
ホワイトリカー 1.8L

日本では、自宅用に梅酒を作る場合でも、
アルコールの度数が20度未満のお酒で作ることは禁止されているので、
アルコール度数の高いお酒を使いましょう。

作り方

  1. 容器を熱湯で消毒し、よく乾かす。
  2. 梅を流水で洗う。この時、梅に傷が付かないように注意が必要です。
  3. 洗った梅をひとつひとつ拭き、完全に水気をとる。
  4. 梅のヘタを取る。この時、金属製のピックではなく、爪楊枝や竹串を使う。
    (梅は金属と相性が悪いとされているそう)
  5. 梅と氷砂糖を交互に容器に入れていく。
  6. 容器にホワイトリカーを注ぐ。
  7. 容器に蓋をし、冷暗所に保管する。半年から1年間漬け込みます。
    長く漬けるほど、味が濃く、深みのある梅酒になります。

出来上がった梅酒は、好みの飲み方で味わいます。
ストレートはもちろん、ロック、水割り、お湯割り、ソーダ割りなどで楽しめます。

ヘタを取る様子
梅と氷砂糖を交互に容器に入れる

多様な梅酒

梅酒は、焼酎や日本酒、ブランデーを使ったものや、
黒糖や蜂蜜を使ったものまで、様々な種類があります。
それぞれ味に特徴があり、飲み比べて見るのも面白いかもしれません。

子どもも楽しめる梅シロップ

お酒を使わずに梅シロップも作ることができます。

材料
青梅 1kg
氷砂糖 800~1000g

作り方

  1. 容器を熱湯で消毒し、よく乾かします。
  2. 梅を流水で洗います。この時、梅に傷が付かないように注意が必要です。
  3. 水に1~2時間漬けてアクを抜きます。
  4. 洗った梅をひとつひとつ拭き、水気をとります。
  5. 梅のヘタを取ります。この時、金属製のピックではなく、爪楊枝や竹串を使います。
    (梅は金属と相性が悪いとされているそうです)
  6. 梅を冷凍庫に一晩以上入れて凍らせます。
    こうすることで、梅の細胞が壊れ、エキスが出やすくなります。
  7. 冷凍した梅と氷砂糖を交互に容器に入れていきます。
  8. 容器に蓋をし、冷暗所に保管します。7~10日間漬け込みます。
    梅が腐るといけないので、10日後には梅を取り出しましょう。
  9. 目の細かい布でシロップを濾し、沸騰しないように注意しながら弱火で15分火にかけます。
    出てきたアクを取り除きます。

できたシロップは、水や炭酸水と混ぜて飲みます。

 

 

【参照サイト】
・紀州梅苑
http://www.kishu-baien.co.jp/recipe/umeshu.htm
・ほりぐち農園
http://www.ume-nouka.jp/cook/ume-siroop.html

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

1+

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください