文化

焼き鳥:シンプルで美味しい日本料理

焼き鳥って聞いたことがありますか?

日本食が好きであれば、もう食べたことがあるかもしれませんね。

この記事では、シンプルで美味しい日本料理、焼き鳥を紹介します。

 

焼き鳥とは

焼き鳥とは、一口大に切った鶏肉を串に刺して、直火で焼いた日本料理です。

日本人にとっては定番のおつまみで、ビールと一緒に食べられることが多いです。

現在は世界中で人気となっており、様々な国で食べることができるようになりました。

 

焼き鳥の歴史

平安時代の書物に、焼き鳥の元となった宴会料理について記されています。

その後、1643年の『料理物語』という書物には鳥類が串焼きにされていたことが明確に記されています。

江戸時代の書物『江戸料理集』では、ウズラ、キジ、雀、サギ、鳩などの焼き鳥について言及されています。

明治時代には、雀の焼き鳥の屋台も登場するようになり、人々の間に広まって行きました。

現在では、焼き鳥屋や居酒屋、屋台で食べることができ、最近ではコンビニが販売を開始しました。

冷凍のものや缶詰なども販売されており、家庭で酒の肴になることも多いです。

 

焼き鳥の味付け

味付けは大きく2つに分けることができます。

一つは塩味で、もう一つはタレです。

タレは、醤油、みりん、酒、砂糖などを混ぜて作ったもので、店によって味が異なっています。

 

焼き鳥の種類

もも

鶏のもも肉です。

焼き鳥では最もよく食べられている部位で、塩でもタレでも美味しくいただけます。

ムネ

鶏のムネ肉です。

塩でも美味しいですが、タレの方がおすすめです。

ささみ

鶏のムネ肉の一部です。

高タンパク・低カロリーで、タレとの相性がいい部位です。

せせり

首回りの肉です。

筋肉質な部位で、歯ごたえがあります。

塩でもタレでも美味しいですが、塩の方が人気です。

ハツ

心臓の肉です。

柔らかく、もっちりしていて、葉酸を豊富に含んでいます。

タレとの相性が良いです。

砂肝

鳥の胃の肉です。

歯ごたえがあり、塩コショウやレモンをかけて食べるのが美味しいです。

カワ

鳥の皮です。

カロリーは高いですが、コラーゲンが豊富に含まれています。

塩でもタレでも美味しくいただけます。

ネギマ

肉とネギを交互に串に刺したものです。

軟骨

鳥の軟骨です。

独特の食感が人気で、カロリーも低い部位です。

塩で食べるのがおすすめです。

つくね

鶏ひき肉を丸めて串に刺し焼いたものです。

タレで食べるのが美味しいです。

ボンジリ

尻の肉です。

柔らかく脂がのっていて、塩で食べるのがおすすめです。

レバー

鶏の肝臓の肉です。

味が独特で、塩でもタレでも美味しくいただけます。

 

 

【参考サイト】
BUSHOO!JAPAN
International Yakitori Party

 

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
この記事を面白いと思った方は、是非いいねとSNSでのシェアをお願い致します。
感想や質問があれば、コメントをお願いいたします。

0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください